北朝鮮の弾道ミサイル発射 米中間選挙に合わせた可能性も

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
11月3日に北朝鮮が弾道ミサイルを発射した際に、ニュースを見る人たち=ロイター
11月3日に北朝鮮が弾道ミサイルを発射した際に、ニュースを見る人たち=ロイター

 政府は9日、北朝鮮が同日午後3時31分ごろ、同国西岸付近から1発の弾道ミサイルを東に向けて発射し、日本の排他的経済水域(EEZ)の外に落下したと推定されると発表した。浜田靖一防衛相はミサイルは最高高度50キロ以下の極めて低い高度で約250キロ飛行したと明らかにした。航空機や船舶の被害は確認されていない。政府は北京の大使館ルートを通じ、北朝鮮に抗議した。

 韓国軍合同参謀本部によると、発射場所は北朝鮮西部平安南道(ピョンアンナムド)粛川(スクチョン)郡付近。発射されたのは短距離弾道ミサイルで、最高高度は約30キロ、飛行距離は約290キロと推定している。

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文669文字)

あわせて読みたい

ニュース特集