特集

米中間選挙2022

米大統領選の中間の年に連邦議会の上下両院、州知事などの選挙が一斉に実施される中間選挙が11月8日に投開票されます。

特集一覧

共和党が下院の過半数奪還の見通し バイデン政権、難航必至

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米中間選挙前最後の選挙集会で演説するバイデン米大統領。投票日の8日は公の場に姿を見せなかった=米東部メリーランド州で2022年11月7日、ロイター
米中間選挙前最後の選挙集会で演説するバイデン米大統領。投票日の8日は公の場に姿を見せなかった=米東部メリーランド州で2022年11月7日、ロイター

 8日投開票された米中間選挙では、野党・共和党が4年ぶりに下院の過半数を奪還する見通しとなり、民主党のバイデン政権にとっては打撃となった。超党派協力を重視するバイデン大統領だが、共和党の下院指導部はトランプ前大統領の影響下で対決色を強めており、予算案や重要法案の審議を含めて、今後の政権運営は難航必至だ。

政権の「失策」追及方針

 「我々が下院を取り戻すのは明白だ。米国民は、新たな方向性を示し、米国を軌道に戻す多数派政党に期待している」

 連邦下院共和党トップのマッカーシー院内総務は9日未明、下院選での「勝利」を宣言した。2023年1月の新会期には、マッカーシー氏の下院議長就任が有力視され、委員会運営の主導権も握る。共和党は法的拘束力のある召喚状を駆使し、バイデン政権を…

この記事は有料記事です。

残り3658文字(全文3993文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集