韓流の「やってみる」で夢を 「ベイビー・ブローカー」助監督

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
韓国での映画製作について語る藤本信介さん=富山市五福の富山大で2022年10月29日、青山郁子撮影
韓国での映画製作について語る藤本信介さん=富山市五福の富山大で2022年10月29日、青山郁子撮影

 今年のカンヌ国際映画祭で、主演の韓国人俳優、ソン・ガンホさんが男優賞を受賞した是枝裕和監督の「ベイビー・ブローカー」。助監督の藤本信介さん(43)は金沢市出身で富山大人文学部の卒業生だ。現在は韓国に移り住み、映画製作の現場で活躍中。10月29日に母校の富山大(富山市五福)で講演し、「とりあえずやってみる」という韓国の文化が自分には合っているなどと語った。

この記事は有料記事です。

残り974文字(全文1153文字)

あわせて読みたい

ニュース特集