追い求めた「最高の伝え方」 三善英毅RKBキャスターを悼む後輩

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
三善英毅さん=遺族提供
三善英毅さん=遺族提供

 1975~2003年に夕方のニュース番組として放映された「RKBニュースワイド」。その初代キャスター、三善英毅(みよしひでき)さんが7月23日、他界した。86歳だった。後輩でRKB毎日放送エグゼクティブアドバイザー、納富昌子さんが追悼文を寄せた。

   ◇

 昭和の時代、日本の放送局がアメリカ並みにニュースをメインに据え、次々とニュースの看板番組を打ち出した時代があった。アナウンサーが記者の書いた原稿を読み上げるスタイルから、取材記者が自分で伝えるという大変革が起きたのだ。

 サツまわり(警察担当)の特ダネ記者だったRKB毎日放送の三善さんがローカル局ではいち早くキャスターに抜てきされ75年、お茶の間に衝撃的デビューを果たした。

この記事は有料記事です。

残り843文字(全文1159文字)

あわせて読みたい

ニュース特集