小5の娘と母はライバル 高校レベル簿記検定3級にそろって合格

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
簿記3級合格を喜ぶ岡田理奈さん(左)、奈々さん親子=奈良県橿原市で2022年10月27日午後7時2分、廣瀬晃子撮影
簿記3級合格を喜ぶ岡田理奈さん(左)、奈々さん親子=奈良県橿原市で2022年10月27日午後7時2分、廣瀬晃子撮影

 奈良県桜井市の親子が、日本商工会議所の主催する簿記検定でそろって3級に受かった。合格を目指す小学生の娘と、その娘を助けられればと考えた母が一緒に勉強した結果、いつしか二人は良きライバルに。切磋琢磨(せっさたくま)をしながら、念願をかなえた。親子は「次も二人で一緒に2級合格を目指したい」と意気込んでいる。

 パート職員の岡田理奈さん(41)と、長女で桜井市立桜井南小5年、奈々さん(11)。検定問題は高校生レベルで、関係者によると、小学生での合格は珍しいという。

この記事は有料記事です。

残り570文字(全文801文字)

あわせて読みたい

ニュース特集