森友問題の寄稿文で立憲議員の名誉毀損 産経新聞などに賠償命令

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東京地裁=米田堅持撮影
東京地裁=米田堅持撮影

 学校法人「森友学園」への国有地売却問題を巡り、ジャーナリストの門田隆将氏が産経新聞に寄稿した記事で名誉を傷つけられたとして、立憲民主党の小西洋之、杉尾秀哉の両参院議員が産経新聞社と門田氏に計880万円の賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁(大嶋洋志裁判長)は9日、名誉毀損(きそん)の成立を認め、同社と門田氏に計220万円の賠償を命じた。

 判決によると、森友問題では2018年に財務省近畿財務局の赤木俊夫さん(当時54歳)が自殺。一方で産経新聞は20年10月25日の朝刊で「杉尾、小西両氏が財務省に乗り込み、約1時間、職員をつるし上げている。当該職員の自殺はその翌日だった」とする門田氏の寄稿文を掲載した。

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文536文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集