マクドナルド「変形労働時間制」無効判決、元社員控訴 解雇無効求め

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
マクドナルドの店舗看板=名古屋市内で2019年12月12日午前、川瀬慎一朗撮影
マクドナルドの店舗看板=名古屋市内で2019年12月12日午前、川瀬慎一朗撮影

 日本マクドナルド(本社・東京都新宿区)の元社員の男性(名古屋市)が、業績改善計画で達成困難な目標を課され退職を強要されたとして、解雇無効や慰謝料を求めた訴訟で、男性側は9日、名古屋地裁判決を不服として控訴した。

 10月26日の1審判決は、全国の店舗社員に適用されている「変形労働時間制」を無効と判断し、時間外労働に対する割増賃金…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文413文字)

あわせて読みたい

ニュース特集