特集

2023年度 大学入学共通テスト 問題・解答速報

1月14日(土)、15日(日)に行われる「2023年度 大学入学共通テスト」に関するニュースなどをまとめています。(問題と解答は順次掲載します)

特集一覧

何が変わる?25年以降の大学共通テスト 浪人生向けの経過措置も

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大学共通テストで再編される教科・科目①
大学共通テストで再編される教科・科目①

 大学入試センターは9日、2025年1月からの大学入学共通テストにおける変更点を公表した。国語で近代以降の文章を扱う大問を1問増やすほか、地理歴史、公民や数学などにも選択方法や試験時間に変更がある。(試作問題と解答はこちら

 入試センターによると、国語はリポート作成や討論といった言語活動の力を見るため近代以降の文章の大問を2問から3問に増やし、配点は10点増の計110点にする。実用文も題材として扱う可能性が高いという。古文、漢文の配点は計90点に減らし、国語全体の解答時間を10分延長する。

 地歴、公民の受験科目は、「地理総合、歴史総合、公共」や「地理総合、地理探究」など計6科目に再編。2科目受験の場合は、一部の組み合わせを除き、同じ名称が含まれる科目は選べない。

 「数学Ⅰ・A」は大問の選択がなくなり、全問解答に。「数学Ⅱ・B・C」は、試験時間を70分に設定する。理科は現行の地歴公民と同様、一つの時間帯…

この記事は有料記事です。

残り176文字(全文582文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集