炭じん爆発から59年 慰霊祭に被災者ら60人 歌で犠牲者弔い

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「炭掘る仲間」を歌い、犠牲者を弔った炭じん爆発事故慰霊祭=福岡県大牟田市西港町の旧三井三池炭鉱三川坑跡で2022年11月9日午後2時半ごろ、降旗英峰撮影
「炭掘る仲間」を歌い、犠牲者を弔った炭じん爆発事故慰霊祭=福岡県大牟田市西港町の旧三井三池炭鉱三川坑跡で2022年11月9日午後2時半ごろ、降旗英峰撮影

 458人が死亡し、839人が一酸化炭素中毒となった1963年11月の福岡県大牟田市の旧三井三池炭鉱三川(みかわ)坑の炭じん爆発事故から59年となる9日、三川坑跡の慰霊碑前で慰霊祭があり、被災者や遺族ら約60人が参列した。

 2020年に慰霊碑を建立した「慰霊碑を建てる会」(芳川勝代表)を発展させた「慰霊碑顕彰会」(同)が主催し、参列者が黙とうをささげ、炭鉱マンが愛唱した「炭掘る仲間」を歌って犠牲者を弔…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文505文字)

あわせて読みたい

ニュース特集