「暴力なければ息子は…」保護者不信感 聖カタリナ学園高いじめ認定

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
野球部のグラウンドと、部員の過半数が暮らす寮がある「聖カタリナセミナーハウス」=松山市河野別府で2022年7月19日午後2時31分、斉藤朋恵撮影
野球部のグラウンドと、部員の過半数が暮らす寮がある「聖カタリナセミナーハウス」=松山市河野別府で2022年7月19日午後2時31分、斉藤朋恵撮影

 聖カタリナ学園高校(松山市)の野球部寮で部員間の集団暴行が相次いでいた問題で、同校が取材に対して9日、いじめ防止対策推進法の「重大事態」にあたると認めた。2日に県に報告していた。

 県によると、同校は報告した文書で毎日新聞が報道した2021年11月18日と22年5月18日の野球部寮での部員同士の暴力があったことを認め、いじめだったと判断した。11月事案で1、2年生の計4人から1年生1人(いずれも当時)が被害を受けた。5月事案では1年生3人と2年生1人が被害に遭い、加害者は1、2年生の…

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文612文字)

あわせて読みたい

ニュース特集