警官・職員の交通違反58件 過去5年、情報公開請求 神奈川県警

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
神奈川県警の警察官らによる当て逃げなどに対する措置が記された「監督上の措置台帳」。毎日新聞が県警に情報公開請求し開示された=横浜市中区で2022年10月27日午後11時8分、牧野大輔撮影
神奈川県警の警察官らによる当て逃げなどに対する措置が記された「監督上の措置台帳」。毎日新聞が県警に情報公開請求し開示された=横浜市中区で2022年10月27日午後11時8分、牧野大輔撮影

 神奈川県警が2017~21年の5年間に行った警察官や職員に対する交通違反による懲戒処分や注意などが、計58件あったことが県警への情報公開請求で判明した。専門家は「県警に約1万7000人の警察官・職員がいることを考えれば違反件数が多いとは言い切れないが、市民の違反を取り締まる側の警察だからこそより高い倫理観が求められる」と指摘している。

 開示された資料によると、県警が17~21年の過去5年間に懲戒処分や訓戒・注意を行ったのは、▽酒気帯び運転3件(免職処分2件、訓戒1件)▽最高速度違反31件(減給処分1件、訓戒10件、注意20件)▽当て逃げ21件(訓戒5件、注意16件)▽その他3件(注意3件)――の計58件(同乗者含む)。今年も9月までに最高速度違反3件(訓戒1件、注意2件)、当て逃げが3件(注意3件)あった。

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文741文字)

あわせて読みたい

ニュース特集