特集

第47回社会人野球日本選手権

第47回日本選手権大会(10月30日~11月9日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

若手起用、選手の判断力磨き 日本選手権Vのトヨタ・藤原航平監督

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
第47回社会人野球日本選手権大会で優勝を決め、笑顔でインタビューに答えるトヨタ自動車の藤原航平監督=京セラドーム大阪で2022年11月9日、滝川大貴撮影
第47回社会人野球日本選手権大会で優勝を決め、笑顔でインタビューに答えるトヨタ自動車の藤原航平監督=京セラドーム大阪で2022年11月9日、滝川大貴撮影

 第47回社会人野球日本選手権大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催、大阪市共催)は9日、大阪市の京セラドーム大阪で決勝が行われ、トヨタ自動車(愛知)がNTT東日本(東京)を降し、現存チームの優勝回数の最多記録を更新する6回目の優勝を果たした。

 ぼくとつとした語り口から、確固たる決意がにじむ。「日本一を義務付けられたチームだと思っている。皆さんの期待も感じている」。監督に就任して4年目。初めて頂点に導いた。

 就任当時は39歳。過去2大大会で都市対抗1回、日本選手権5回の優勝を誇る強豪において、異例の若さでの抜てきだった。現役時代は巧打の外野手として活躍し、主将も4季務めた。チーム関係者は「主力選手にもはっきりものが言え、控えの経験もある。若くて、リーダーシップのある監督の下で中長期的に強化したかった」と語る。

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文819文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集