特集

第47回社会人野球日本選手権

第47回日本選手権大会(10月30日~11月9日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

もろさ克服したNTT東日本 全員でバトンつなぎ準V 日本選手権

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【NTT東日本-トヨタ自動車】NTT東日本の先発・多田=京セラドーム大阪で2022年11月9日、滝川大貴撮影
【NTT東日本-トヨタ自動車】NTT東日本の先発・多田=京セラドーム大阪で2022年11月9日、滝川大貴撮影

 第47回社会人野球日本選手権大会は最終日の9日、京セラドーム大阪で決勝が行われ、NTT東日本はトヨタ自動車に1―8で敗れた。頂点には届かなかったが、NTT東日本は受け継がれる「全員で戦う」スタイルで、初の決勝の舞台へ駆け上がった。

「子どもの野球を見ているよう」

 今大会、全員で勝利のバトンをつないできた。絶対的な大黒柱が不在の中、競争と助け合いがチームの力を底上げしてきた。

 決勝の先発を託されたのは、夏まで守護神を務めてきた2年目の多田裕作。一回に2安打を浴びながら、無失点で切り抜けた。若い右腕を鼓舞するように、直後に味方が1点を取った。3点を失ったが、五回からはベテランの沼田優雅、高卒2年目の片山楽生らが終盤まで踏ん張った。

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文805文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集