特集

自民党

自民党に関するページです。

特集一覧

「あり得ない発言」 失言の葉梨法相に専門家、省内からも批判

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
参院法務委員会で汗をぬぐう葉梨康弘法相=国会内で2022年11月10日午前11時11分、竹内幹撮影
参院法務委員会で汗をぬぐう葉梨康弘法相=国会内で2022年11月10日午前11時11分、竹内幹撮影

 葉梨康弘法相が、職務として法相が命じる死刑執行や、自身が関係省庁連絡会議の議長を務める世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の問題に触れ、「地味な役職」などと発言したことを受け、死刑制度に詳しい専門家や旧統一教会問題の被害者らから批判の声が上がった。

 葉梨氏は9日夜のパーティーで「朝、死刑のはんこを押す。昼のニュースのトップになるのはそういう時だけという地味な役職」「旧統一教会の問題に抱きつかれてしまい、問題解決に取り組まないといけない。私の顔もいくらかテレビに出るようになった」などと語った。

 死刑制度に関わる著作があり、元裁判官の森炎(もり・ほのお)弁護士は「法務省の職務を軽んじたあり得ない発言だ。省内の職員のモチベーションも下げただろうし、司法に関わるあらゆる人の反感を買ったことだろう」と指摘。日本の死刑は確定から執行まで長い期間を取っているのが特徴だとし、「そこには死刑囚自身に死や罪と向き合ってもらう『しょく罪』という重要な意味が込められている。執行に関わる人が『地味な役職』と発…

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文1006文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集