バイデン氏、台湾「レッドライン話したい」 米中首脳会談実現で

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米国と中国の国旗(写真はイメージ)=ゲッティ
米国と中国の国旗(写真はイメージ)=ゲッティ

 バイデン米大統領は9日、ホワイトハウスで記者会見し、インドネシアで開かれる主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)への参加に合わせて中国の習近平国家主席と会談した場合、台湾情勢を協議すると明らかにした。米中双方にとって「レッドライン(越えてはならない一線)はどこかについて話し合いたい」と強調した。

 バイデン氏は会見で「中国との競争は求めているが、対立は求めていない」と説明した。習氏との会談では、「中国と米国のそれぞれの重大な国益を整理し、それが衝突しないようにする。衝突するのであれば、どのような解決方法があるのかを協議する」と語った。一方で、「根本的なところで譲歩は一切しない」とも話した。

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文525文字)

あわせて読みたい

ニュース特集