特集

米中間選挙2022

米大統領選の中間の年に連邦議会の上下両院、州知事などの選挙が一斉に実施される中間選挙が11月8日に投開票されます。

特集一覧

米中間選挙、開票遅れで異例の展開 郵便・期日前投票急増が影響か

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米アリゾナ州で投票用紙を仕分けする選挙関係者ら=2022年11月9日、ゲッティ共同
米アリゾナ州で投票用紙を仕分けする選挙関係者ら=2022年11月9日、ゲッティ共同

 米中間選挙は投票日から一夜明けた9日も開票作業が続いた。野党・共和党は連邦下院選での「勝利」を宣言したが、獲得議席数はまだ過半数に届いておらず、連邦上院選も接戦。投票日から1日が過ぎても上下両院の勝敗が正式に決まらない異例の展開となっている。新型コロナウイルス禍以降に急増した郵便投票や期日前投票の開票作業に時間を要していることなどが、結果判明の遅れに影響しているとみられる。

 米CNNテレビによると、日本時間10日午後7時現在、下院(定数435、全議席改選)の獲得議席数は共和党が209、民主党は191。優勢とみられていた共和党がリードしているものの、過半数ライン(218議席)には未達で、最速で日本時間9日午後との予想もあった大勢判明には至っていない。

 共和党下院トップのマッカーシー院内総務は9日未明(日本時間9日午後)に「勝利…

この記事は有料記事です。

残り1038文字(全文1406文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集