伊藤詩織さん中傷ツイート訴訟 2審も勝訴、賠償額を110万円に増額

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
漫画家のはすみとしこさんに賠償を命じた控訴審判決後に取材に応じる伊藤詩織さん=東京都千代田区の東京高裁前で2022年11月10日午後2時4分、遠藤浩二撮影
漫画家のはすみとしこさんに賠償を命じた控訴審判決後に取材に応じる伊藤詩織さん=東京都千代田区の東京高裁前で2022年11月10日午後2時4分、遠藤浩二撮影

 性被害を受けたとの申告は虚偽だとするイラストをツイッターに投稿されて名誉を傷つけられたとして、ジャーナリストの伊藤詩織さんが漫画家はすみとしこさんに550万円の損害賠償などを求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁(岩井伸晃裁判長)は10日、88万円の支払いを命じた1審・東京地裁判決(2021年11月)を変更し、賠償額を110万円に増やした。

 はすみさんは17年6月~19年12月、元TBSの記者から性被害を受けたとする伊藤さんの申告について「枕営業」という言葉とともに、伊藤さんに類似した女性のイラストなど5件を投稿した。

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文541文字)

あわせて読みたい

ニュース特集