「人生、自分で豊かに」 パラ走り幅跳び銀の山本篤さんが陸上教室

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
リオパラリンピックで獲得した銀メダルを披露する山本篤さん=静岡県磐田市の竜洋西小学校で2022年11月10日午前9時57分、山田英之撮影
リオパラリンピックで獲得した銀メダルを披露する山本篤さん=静岡県磐田市の竜洋西小学校で2022年11月10日午前9時57分、山田英之撮影

 「足がないことは変えられないけれど、人生をどう豊かにするかは自分で決められる」――。リオパラリンピック走り幅跳び銀メダリスト、山本篤さん(40)=静岡県掛川市出身=は10日、同県磐田市の市立竜洋西小学校で開いた陸上教室で、児童たちに語りかけた。「将来、壁にぶち当たった時、今日の話を思い出してくれたらうれしい」と願い、一緒にグラウンドを全力疾走した。【山田英之】

 山本さんは高校2年の時、バイク事故で左足の大腿(だいたい)部を切断。義肢装具士になるために進学した専門学校で、競技用の義足に出会って陸上を始めた。リオ大会では走り幅跳びで銀メダル、400メートルリレーで銅メダルを獲得。2017年10月からプロの陸上選手になり、現役を続けている。

この記事は有料記事です。

残り603文字(全文925文字)

あわせて読みたい

ニュース特集