令状なしは「違法」 覚醒剤事件、大阪地裁が押収証拠採用せず

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大阪地裁=大阪市北区で、曽根田和久撮影
大阪地裁=大阪市北区で、曽根田和久撮影

 覚醒剤取締法違反(所持、使用)などの罪に問われた男性被告(49)の公判で、大阪地裁が覚醒剤などの証拠を採用しない決定をしたことが判明した。9月9日付。佐藤弘規裁判長は、被告が滞在していたホテルの一室に大阪府警の警察官が裁判所の令状なしに立ち入ったことについて、「プライバシーを大きく侵害する違法行為」と判断した。

 決定によると、2021年8月、同府寝屋川市内のホテルに被告は滞在。被告に呼ばれて客室に入った女性が退室後、過呼吸状態に陥り、外で女性を待っていた同僚が119番した。救急隊員は「女性が注射を打たれた可能性がある」と聞いて薬物の使用を疑い、客室のドアを解錠するようホテルの従業員に要請。その後、駆け付けた警察官らは「部屋に入る」と声をかけて入室した。被告は所持品検査や尿検査を拒否。警察官は捜索差し押さ…

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文601文字)

あわせて読みたい

ニュース特集