陸自オスプレイ配備、副防衛相が佐賀訪問 「排水対策しっかりやる」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
佐賀県庁を訪れ、山口祥義知事にあいさつする井野俊郎副防衛相=佐賀市で2022年11月10日午後5時52分、山口響撮影
佐賀県庁を訪れ、山口祥義知事にあいさつする井野俊郎副防衛相=佐賀市で2022年11月10日午後5時52分、山口響撮影

 陸上自衛隊の輸送機オスプレイ17機を佐賀空港(佐賀市)に配備する計画を巡り、井野俊郎副防衛相が10日、佐賀県を訪れて山口祥義(よしのり)知事ら関係者と相次いで面談した。防衛省は排水対策や土地買収範囲の明示など、地元漁協の要望に応じることを確約する回答書を1日付で示しており、井野副防衛相は重ねて国の対応を約束した。

 井野副防衛相はこの日、佐賀市の坂井英隆市長や配備予定地の地権者が多数いる県有明海漁協(同市)の西久保敏組合長らと面談。山口知事との面談は報道陣に公開され、副防衛相は「排水対策を含め、皆様の生活の負担にならないようしっかりやっていく」と述べた。山口知事は「(ノリ養殖への影響を懸念する)漁協に寄り添い、排水対策などにしっかり取り組むよう要請する」と応じた。

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文774文字)

あわせて読みたい

ニュース特集