台風14号で崩壊の盛り土、国基準で宮崎県が造成 検討委が現場確認

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
9月の台風14号で崩壊した美郷町の盛り土=宮崎県美郷町南郷神門で2022年11月10日午前10時31分、一宮俊介撮影
9月の台風14号で崩壊した美郷町の盛り土=宮崎県美郷町南郷神門で2022年11月10日午前10時31分、一宮俊介撮影

 9月の台風14号で宮崎県が椎葉村と美郷町に造成した盛り土が崩壊し、有識者による調査検討委員会(会長=清水収・宮崎大教授)は9、10の両日、土砂が流出した現場の状況を確認した。2023年3月末をめどに原因などの分析結果をまとめる。

 県によると、盛り土は県の治山工事などで出た残土で、9月18日に県内を襲った台風14号の影響で、椎葉村3カ所と美郷町1カ所の計4カ所で崩落が判明。けが人はいなかっ…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

あわせて読みたい

ニュース特集