等々力陸上競技場は球技専用スタジアムへ 改修で8000人収容増

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
等々力緑地に建設予定の球技専用スタジアムのイメージ図=Todoroki Park and Link提供
等々力緑地に建設予定の球技専用スタジアムのイメージ図=Todoroki Park and Link提供

 サッカーJ1リーグ・川崎フロンターレの本拠地である等々力陸上競技場を含む等々力緑地(川崎市中原区)の再編整備事業について、川崎市は8日、東急を代表とする企業グループが落札したと発表した。市によると競技場は球技専用スタジアムに改修され、収容人数が8000人増加する見込みという。

 計画では、競技場の陸上用トラックを撤去し、サッカーやラグビーで使用する球技専用スタジアムに改修。観客席とピッチとが現在より近くなる。さらにバック、サイドの両スタンドを改修し、収…

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文571文字)

あわせて読みたい

ニュース特集