病院ごとの出産費用を公表へ 妊婦の経済的負担軽減狙う 厚労省

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 厚生労働省は10日、出産した際にかかる費用を全国の病院やクリニックごとに公表する方向で調整に入った。ホームページ(HP)などで施設ごとに並べて一覧化し、費用の透明性を高める。妊婦が医療機関を選びやすくし、経済的な負担軽減にもつなげる狙い。

 政府は、原則42万円が支払われる「出産育児一時金」を来年度から増額する方針。一時金を増やしても、各医療機関が値上げをすれば効果が薄れる可能性もある。

 11日の社会保障審議会(厚労相の諮問機関)部会で提案し、議論する。

 岸田文雄首相は、…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文553文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集