特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

カタール紀行

カズ、ラモスが崩れ落ちた「ドーハの悲劇」 あのスタジアムは今

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「ドーハの悲劇」の舞台となったアル・アリ競技場=カタール・ドーハで2022年11月9日、宮武祐希撮影
「ドーハの悲劇」の舞台となったアル・アリ競技場=カタール・ドーハで2022年11月9日、宮武祐希撮影

 カタールの玄関口、ハマド国際空港から西に約7キロ。片道4車線の幹線道路を多くの車が走り抜け、砂ぼこりが立ちこめる一角にそのスタジアムはひっそりと立っていた。アル・アリ競技場。日本サッカー史に残る「ドーハの悲劇」の舞台だ。

 1994年ワールドカップ(W杯)米国大会のアジア最終予選で最終戦が行われた93年10月28日。イラクに勝てば無条件で悲願のW杯出場が決まる日本だったが、終了間際の失点で引き分け、つかみかけた夢は幻になった。…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文539文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集