特集

Fun!フィギュア

フィギュアスケートを楽しむ「Fun!フィギュア」。銀盤で輝きを放つスケーターが描く魅力あふれる世界を伝えます

特集一覧

三原GP初優勝なるか 佐藤はルッツが鍵 フィギュア・イギリス大会

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
げんさんサマーカップの女子ショートプログラムで演技する三原舞依=滋賀県立アイスアリーナで2022年8月13日、吉田航太撮影
げんさんサマーカップの女子ショートプログラムで演技する三原舞依=滋賀県立アイスアリーナで2022年8月13日、吉田航太撮影

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦、イギリス大会は11日、英国シェフィールドで開幕する。

 男子は日本勢3人の躍進が期待される。2019年ジュニアGPファイナル覇者の佐藤駿選手(明大)は、左肩の手術を経て復帰2戦目。武器の4回転ルッツを演技構成に入れるなら、その成否が鍵を握る。得意のジャンプが決まれば、昨季に続いて表彰台に上がる可能性は高い。

 今年4月の世界ジュニア選手権3位の壺井達也選手(シスメックス)は、今季序盤は左肩の脱臼により構成を落としていた。シニア初のGPシリーズで、どこまで構成の難度を戻してくるか。第1戦スケートアメリカ9位の島田高志郎選手(木下グループ)も地力はあり、巻き返しを期す。

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文548文字)

【Fun!フィギュア】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集