NY株急反発、1201ドル高 米利上げ減速に期待

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 10日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は急反発し、前日比1201・43ドル高の3万3715・37ドルと8月中旬以来、約3カ月ぶりの高値水準で取引を終えた。米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げペースが減速するとの期待が高まり、買い注文が膨らんでほぼ全面高となった。

 朝方に発表された10月の米消費者物価指数(CP…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文408文字)

あわせて読みたい

ニュース特集