深蒸し茶、トンネルで熟成 「深いコクと甘み」掛川の企業発売

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
小さな茶箱に入った「トンネル熟成茶 秘壷蔵」=2022年、きみくら提供
小さな茶箱に入った「トンネル熟成茶 秘壷蔵」=2022年、きみくら提供

 日本茶を中心とした商品開発会社・きみくら(静岡県掛川市)は、小さな茶箱に入った「トンネル熟成茶 秘壷蔵(ひこぞう)」を発売した。

 新茶の深蒸し茶を、5~8月に浜松市天竜区のトンネル内で寝かせて、より深いコクと甘みを引き出した。

 このトンネルは戦後、旧国鉄時代に天竜地区と長野県を結ぶ路線として計画さ…

この記事は有料記事です。

残り156文字(全文306文字)

あわせて読みたい

ニュース特集