円、一時1ドル138円台まで急騰 東証は2万8000円台を回復

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東京証券取引所=和田大典撮影
東京証券取引所=和田大典撮影

 11日の外国為替市場は米国の物価上昇(インフレ)が和らぐとの見方からドルを売って円を買う動きが広がった。前日発表された10月の米消費者物価指数(CPI)の伸び率が鈍化したためで、11日のロンドン市場では一時1ドル=138円台まで円高・ドル安が進行。138円台を付けたのは約2カ月ぶり。

 米国のCPIの伸び率は市場予想を下回った。市場では、米国のインフレが和らぎ、米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げペースが縮小するという観測が拡大…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文544文字)

あわせて読みたい

ニュース特集