三越伊勢丹、3年ぶり黒字 9月中間 社長「復活に手応え」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東京・銀座4丁目の交差点。正面は銀座三越=東京都中央区銀座で2019年5月17日、小座野容斉撮影
東京・銀座4丁目の交差点。正面は銀座三越=東京都中央区銀座で2019年5月17日、小座野容斉撮影

 三越伊勢丹ホールディングスが11日発表した2022年9月中間連結決算は、最終(当期)損益が77億円の黒字(前年同期は81億円の赤字)で、中間期としては3年ぶりの黒字となった。新型コロナウイルス禍からの経済再開が進み、売上高は前年同期比18・6%増の2228億円だった。

 今回の決算を受けて23年3月期の業績予…

この記事は有料記事です。

残り125文字(全文280文字)

あわせて読みたい

ニュース特集