特集

米中間選挙2022

米大統領選の中間の年に連邦議会の上下両院、州知事などの選挙が一斉に実施される中間選挙が11月8日に投開票されます。

特集一覧

バイデン氏「国民は我々を支持」下院敗北濃厚も成果強調 米中間選挙

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米国の首都ワシントンで、民主党全国委員会のイベントで演説するバイデン大統領(中央)=2022年11月10日午後3時46分、秋山信一撮影
米国の首都ワシントンで、民主党全国委員会のイベントで演説するバイデン大統領(中央)=2022年11月10日午後3時46分、秋山信一撮影

 米中間選挙(8日投票)は、投票日から2日たっても連邦上下両院選の勝敗が決まらない混戦が続く。下院選(定数435)では既に「勝利」を宣言した野党・共和党が過半数ライン(218)まで7議席に迫り、多数派の奪還が濃厚だが、民主党のバイデン政権は大敗を免れたことを「成果」として宣伝しようと躍起になっている。下院の多数派を奪われれば政策推進が困難になり、政権に打撃となるが、求心力を維持するために「ダメージコントロール」を図っているとみられる。

 「民主党にとって力強い夜だった」。ジョー・バイデン大統領は10日、首都ワシントンで開かれた民主党全国委員会のイベントで演説し、開票が進んだ8日夜を振り返った。「国民は我々の訴えを圧倒的に支持している」「我々は逆境に打ち勝った」。まるで勝利したかのような言葉を並べると、集まった約500人の民主党員から「レッツゴー、ジョー」と歓声が飛んだ。

この記事は有料記事です。

残り1030文字(全文1419文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集