特集

ソウル雑踏事故

ソウルの路上で2022年10月29日、多くの人々が折り重なるように転倒、150人以上が死亡する雑踏事故が発生。

特集一覧

ソウル雑踏事故巡り警察官自殺か 報告書の隠蔽指示した疑い

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
韓国国旗=ゲッティ
韓国国旗=ゲッティ

 韓国ソウル・梨泰院(イテウォン)の雑踏事故を巡り、現場を管轄する竜山警察署の情報課係長が死亡したことが11日、分かった。自宅で発見され、自殺とみられる。警察当局が明らかにした。係長は、同課職員が「予想を超える人波が押し寄せる」などと事故の発生を懸念して作成した報告書を、事故後に隠蔽(いんぺい)しようとして削除を指示した疑いが持たれていた。

 韓国政府は11日、事故の死者が1人増えて157人になったと発表した。

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文558文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集