村田兆治さんが死亡 72歳 未明に自宅で火災 世田谷

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
村田兆治さんの住宅2階から火の手が上がる様子(近隣の住民男性提供)
村田兆治さんの住宅2階から火の手が上がる様子(近隣の住民男性提供)

 11日午前3時15分ごろ、東京都世田谷区成城9の元プロ野球選手、村田兆治さん(72)方から出火し、木造2階建て住宅の2階部分約40平方メートルが燃えた。2階の一室から心肺停止状態の村田さんが見つかり、搬送された病院で午前6時ごろ死亡が確認された。警視庁成城署によると、死因は一酸化炭素中毒とみられる。

 成城署や東京消防庁によると、出火当時、住宅内には村田さんしかいなかった。2階リビングが激しく燃えていることから火元はリビングとみられる。消防隊員が駆けつけた際、村田さんは2階の別の部屋で、何かにもたれかかるようにして床に座った状態で発見された。パジャマのようなものを着ており、やけどなど目立った外傷はなかったという。成城署などが詳しい出火原因を調べている。

この記事は有料記事です。

残り627文字(全文957文字)

あわせて読みたい

ニュース特集