兵庫の海の幸味わい環境保護を考えて 明石で豊かな海づくり大会

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
JR明石駅構内には「全国豊かな海づくり大会」の横断幕やのぼりが掲げられ、開幕ムードが高まっている=兵庫県明石市で2022年11月5日午後3時24分、矢澤秀範撮影
JR明石駅構内には「全国豊かな海づくり大会」の横断幕やのぼりが掲げられ、開幕ムードが高まっている=兵庫県明石市で2022年11月5日午後3時24分、矢澤秀範撮影

 「第41回全国豊かな海づくり大会兵庫大会~御食国(みけつくに)ひょうご~」が13日に兵庫県明石市で開催される。水産資源の保護や海や湖沼・河川の環境保全を訴えるのが目的で、式典には天皇、皇后両陛下が出席される。12、13日は関連行事の「豊かな海づくりフェスタ」もあり、海に関する企画展示や特産の海の幸が振る舞われる。

 大会は1982年に旧香住町(同県香美町)で開かれており、同一県内で2回開催されるのは初めて。テーマは「広げよう 碧(あお)く豊かな 海づくり」。

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文577文字)

あわせて読みたい

ニュース特集