卯年に混迷跳び越えて ウサギの置物作りが最盛期 滋賀・信楽

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
次々に作り上げられる信楽焼の干支置物=滋賀県甲賀市信楽町で、加古信志撮影
次々に作り上げられる信楽焼の干支置物=滋賀県甲賀市信楽町で、加古信志撮影

 焼き物の里で知られる滋賀県甲賀市信楽町で、来年の干支(えと)「卯(う)」にちなんだウサギの置物作りが進んでいる。

 江戸時代初期に創業した「明山陶業」の干支置物はベージュ色の陶土に白い化粧土が塗られ、温かみのある白い色合いが特徴で、すべて手作り。見上げるつぶらな瞳が愛らしい表情を見せている。年内に約…

この記事は有料記事です。

残り160文字(全文310文字)

あわせて読みたい

ニュース特集