自己啓発は「宗教っぽい」? 自分磨き説くオンラインサロンのルーツ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
自分磨きへの欲求を通史的に描いた「『修養』の日本近代」の著者、大澤絢子さん=丸山光氏撮影
自分磨きへの欲求を通史的に描いた「『修養』の日本近代」の著者、大澤絢子さん=丸山光氏撮影

 自分磨きに忙しい時代だ。本屋には「○○術」「△△力」と題された自己啓発本がずらりと並ぶ。だがこうした風潮は現代に限らず、実は<明治からみんな「意識高い系」だった>という。そんな自分磨きの精神史を大澤絢子・日本学術振興会特別研究員(宗教学・社会学)が新刊で解き明かした。キーワードは<宗教っぽい>。「働くノンエリート」に支持された明治大正期の大衆雑誌から、社員研修に自己啓発、そして昨今はやりのオンラインサロンまで、脈々と続いてきた自己研さんへのあくなき欲求を通史的に描いた。

 本書のタイトルは「『修養』の日本近代 自分磨きの150年をたどる」(NHKブックス)。「修養」はあるべき自己を目指して主体的に努力する態度や行為を意味する。明治以降、一般用語として広まり、明治後半には「修養ブーム」が到来。「日露戦争後に不安を抱えながら、急速な近代化が進むこの新しい時代をどう生きていくかが問われた時、人々が試行錯誤しながら取り組んだのが修養でした」と大澤さんは話す。

 「教養」とも似た響きを持つが「単純に言えば、修養はノンエリートが実践し、教養はエリートが人文学の知識を身につけるもの。どちらも人格向上や精神面を高めることが目的ですが、担い手と態度が異なっていました」。とはいえ明治期には混同されるケースも多く、両者が区別されるようになるのは明治末から大正にかけてだという。その後、修養は戦時期に軍国主義的なイメージをまとい、戦後はほとんど使われなくなった。今や聞き慣れない言葉だが、「研修」は「研究」と「修養」の省略形として普及した言葉であり、現代の「自己啓発」は「修養の一つのかたち」と論じる。

 近代以前にも主体的な自己向上を目指す考え方はあった。二宮尊徳の「報徳思想」に代表される通俗道徳だ。それは日常生活の行為や心がけを通して自己を鍛えることを説き、18~19世紀の日本社会を生きる人々の生活規範だったとされる。修養は、この通俗道徳の延長に位置づけられる。「ただ、体系化された報徳思想と違い、修養はその目的も方法も非常にあいまいです。あいまいだからこそさまざまな人が自由に論じ、多くの人に受け入れられ、現代まで修養文化が続いているのだと思います」

明治後半に「修養ブーム」

 本書執筆の背景には、忘れがたい自身の体験があった。大澤さんはリーマン・ショックが起こる約半年前の2008年4月、新卒で保険会社に入った。…

この記事は有料記事です。

残り2124文字(全文3130文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集