ひまわり9号が気象観測、8号はバックアップに 12月に役割交代

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
気象庁
気象庁

 気象庁は11日、運用中の気象衛星ひまわり8号とバックアップ機の9号について、12月13日に役割を切り替えると発表した。9号が気象観測を担い、8号はバックアップ機に回る。両機の性能は同じで、得られる気象データに変化はない。

 気象庁は安定した観測を続けるため2機を打ち上げており、8号は2015年7月、…

この記事は有料記事です。

残り191文字(全文341文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集