H3ロケットの設計一部変更 イプシロン不具合と同種部品を交換

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
新型主力ロケット「H3」の試験機1号機=鹿児島県の種子島宇宙センターで2022年11月6日、JAXA提供
新型主力ロケット「H3」の試験機1号機=鹿児島県の種子島宇宙センターで2022年11月6日、JAXA提供

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11日、イプシロンロケット6号機の打ち上げ失敗の原因調査に関連して、問題視されている部品と同じメーカーの別製品を使用している次期基幹ロケット「H3」の姿勢制御装置の設計を一部変更することを明らかにした。現在の基幹ロケット「H2A」で採用されている部品を転用することが可能なため変更は軽微で、打ち上げに向けたスケ…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文433文字)

あわせて読みたい

ニュース特集