子供のベランダ転落、「秋」は特に注意! 三つの重要ポイント

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
過去にはベランダの物干し用アームで鉄棒遊びをしていて、幼児が転落したケースもあった=東京都内で1981年8月撮影
過去にはベランダの物干し用アームで鉄棒遊びをしていて、幼児が転落したケースもあった=東京都内で1981年8月撮影

 10月下旬から11月上旬にかけて、東京都と千葉県、そして大阪府で幼児計3人がマンションのベランダなどから転落する死亡事故が相次いだ。過去の事故件数を見比べると、転落事故は秋と春に起きやすい。どのような対策が必要なのか、ポイントをまとめた。

 厚生労働省の「人口動態調査」によると、2014~18年の5年間に、建物からの転落により9歳以下の子供が死亡した事故は37件起きている。

 また、東京消防庁のまとめでは、15~19年の5年間で、5歳以下の子供70人が窓やベランダからの転落で医療機関に救急搬送されている。

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文936文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集