「マサカリ投法」村田兆治さん、数々のタイトル 自宅火災で死去

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
23年間ファンを魅了した村田兆治さんのマサカリ投法=1990年10月13日撮影
23年間ファンを魅了した村田兆治さんのマサカリ投法=1990年10月13日撮影

 11日に死亡が確認された元プロ野球選手の村田兆治さんは「マサカリ投法」を代名詞とする名投手だった。

 村田さんは1949年、広島県生まれ。福山電波工高(現近大福山高)から68年、東京オリオンズ(現ロッテ)に入団した。足を高く上げてマサカリを振り下ろすようなダイナミックなフォームで、速球とフォークを武器にした。

 83年に肘の手術を受け、苦しいリハビリを経て85年に完全復帰。89年には39歳で最優秀防御率に輝くなど、最多勝1回、最優秀防御率3回、最多奪三振4回のタイトルを獲得した。通算215勝177敗33セーブを挙げた。

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文541文字)

あわせて読みたい

ニュース特集