「先発完投」後輩にエール送り続け 沢村賞委員務めた村田兆治氏

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ボールの握り方を示す村田兆治さん=東京都新宿区で2017年11月1日、太田康男撮影
ボールの握り方を示す村田兆治さん=東京都新宿区で2017年11月1日、太田康男撮影

 元プロ野球選手の村田兆治さん(72)が11日、亡くなった。現役時代、足を高く上げる「マサカリ投法」を武器にロッテで活躍し通算215勝を挙げた。2008年からは、最も活躍した先発完投型の投手を表彰する「沢村賞」の選考委員を務めて、日本球界の発展に貢献してきた。

 沢村賞の受賞には勝利数や完投数、奪三振数など厳しい基準がある。近年はプロ野球の投…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文428文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集