「頑張って生きます」から40日…村田兆治さん、友人に誓ったメール

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
9月30日に村田さんから金淳姫さんへ届いたメール=金さん提供
9月30日に村田さんから金淳姫さんへ届いたメール=金さん提供

 住宅火災で11日に亡くなった元プロ野球選手の村田兆治さん(72)の悲報に、札幌市で焼き肉店を営む友人の金淳姫(キム・ジュンキ)さん(74)はショックを隠しきれない。村田さんが9月に暴行容疑で逮捕された後には金さんの携帯電話に「頑張って生きます」とショートメールが届いていた。

 親交が始まったのは村田さんがダイエー(現ソフトバンク)の1軍投手コーチを務めていた1995~97年の頃。村田さんがチームの監督だった王貞治さん(82)や主力選手だった小久保裕紀さん(51)、城島健司さん(46)らと店を訪れたのがきっかけでその後、20年以上、交友が続いてきた。

 村田さんは全国離島交流中…

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文694文字)

あわせて読みたい

ニュース特集