村田兆治さんの球「つい振ってしまう」 対戦の谷沢健一さん

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
足を高く上げる「マサカリ投法」で活躍したロッテの村田兆治投手=川崎球場で1990年10月13日
足を高く上げる「マサカリ投法」で活躍したロッテの村田兆治投手=川崎球場で1990年10月13日

 元プロ野球選手の村田兆治さん(72)が11日、亡くなったことを受け、1974年の日本シリーズで、中日の主軸として対戦した野球評論家の谷沢健一さん(75)は「悔しいです」と声を落とした。

 ダイナミックなフォームで「マサカリ投法」の異名を持った村田さんの球筋を「あの直球、フォークは、膝の下から落ちてくる。見逃せばボール球なんだろうが、つい振ってしまうような球。球がどこから出てくるかわからないようなフォームで、腰の方から打者に向かってくる。大胆で不敵だった」と振…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文578文字)

あわせて読みたい

ニュース特集