連載

ウマ女十番勝負

「真希バオー」こと中嶋真希記者が全GⅠレースを予想。競馬の魅力を伝えます。

連載一覧

ウマ女十番勝負

(5)エリザベス女王杯 “復活”の舞台で ナミュール

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
2021年のエリザベス女王杯を制したアカイイト=JRA提供
2021年のエリザベス女王杯を制したアカイイト=JRA提供

 デジタル報道センターの“真希バオー”こと中嶋真希記者が下半期GⅠシリーズ計12戦を予想します。第5弾は、今年の女王を決めるエリザベス女王杯(阪神2200メートル、13日午後3時40分発走)。2020年の3冠牝馬、21年の覇者、秋華賞1、2着馬と、豪華なメンバーがそろいました。競馬担当30年の師匠、松沢一憲記者は「4歳が一枚上手」としつつも……。さあ、牝馬の祭典が幕を開けます。

この記事は有料記事です。

残り1895文字(全文2085文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集