釧路・春採湖のヒブナ、ギンブナと金魚の交雑種 DNAから判明

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
DNA分析によって、在来種のギンブナと金魚との交雑種と判明したヒブナ=北海道釧路市博物館提供
DNA分析によって、在来種のギンブナと金魚との交雑種と判明したヒブナ=北海道釧路市博物館提供

 北海道釧路市の春採湖に生息する緋色(ひいろ)の「ヒブナ」が、在来種のギンブナと約100年前に放流された金魚との交雑種であることが、京都大や釧路市立博物館などの共同研究グループのDNA分析で判明し、米科学誌「PLOS ONE」のオンライン版に掲載された。ヒブナはこれまでギンブナの突然変異で生まれたとされ、春採湖は「ヒブナの生息地」として国の天然記念物にも指定されている。

 共同研究グループはヒブナの起源を探るため、同湖から計61匹(ヒブナ35匹、ギンブナ26匹)を採集。国内をはじめ金魚の元となった野生系統が含まれる中国・黄河流域などの金魚やフナの遺伝的多様性の評価や集団遺伝解析・系統解析を行ったところ、35匹中27匹のヒブナに金魚と同じ配列のミトコンドリアDNAが見い出されたという。

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文680文字)

あわせて読みたい

ニュース特集