連載

街角ことば拾い

ネット上に「ことば」があふれる今、社会部のベテラン記者が街角で出会った「リアルなことば」から時代の声を拾い上げます。

連載一覧

街角ことば拾い

/23 池袋 「Be here now」 絵から聞こえる路上の声 /東京

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
公園の一角に元路上生活者らの絵が並ぶ 拡大
公園の一角に元路上生活者らの絵が並ぶ

 なぜか道路標識ばかり目に入ったという。「止まれ」「進入禁止」……。社会に拒絶されているからか。視線を上げればサンシャインビル、首都高速の立体交差。

 50代の自称、路上太郎さんは一日中、ヘトヘトになるまであてもなく歩き回った池袋の街を描いた。その名の通り、仕事に就く3月まで1年間、路上生活をしていた。

 絵の真ん中には、手に乗せたどんぶり。空腹に耐えきれず、ローソンで買った一番安いカップラーメンだ。展示された絵は風景画というより、心象風景に見える。

都会の息苦しさが漂う路上太郎さんの絵 拡大
都会の息苦しさが漂う路上太郎さんの絵

 秋の週末、誰もが参加できる東池袋中央公園の「アートスペース」を訪ねた。この公園では月に2回、NPOが生活困窮者に食料品を配っている。太郎さんも行列に並んでいて絵を目にし、引き寄せられた。

 「もがいている時に出会い、描くことで苦しみを吐き出せたんだと思います」

 公園で新型コロナのワクチンを打ってもらったが、副反応で高熱に苦しんだ。青い帽子を目深に被り、ベンチで寝込む自分を描いた。私も2年前、コロナ禍の路上生活者を取材するため、ここに来たが、そんな人がいたとは想像すらできなかった。

 この場を設けたアーティストの尾曽越理恵さん(72)はアートを通じて社会の価値観の変革を促す活動を米ニューヨークの大学院で学んだ。

 「声を上げられない人たちがいるんだと、作品を通して知ってほしいんです」

 ペンネーム、藤咲すみれさん(21)は16歳で統合失調症になった。医師に「手の施しようがありません」と告げられ、別の病院に移るしかなかった。母は「おー、よしよし」と言ってくれた。焦らなくていい、お母さんは諦めないから、と。絵の母は彼女の肩にそっと手を置く。つばさを広げるペリカンも母だ。

 「思っていることをことばで表せない時、絵が助けてくれるんです」

 すみれさんが太郎さんと親しげに話し込んでいる。互いを認め合う仲間だ。

 作品から声が聞こえる。案内板にこう書かれていた。

 「Be here now」

 私は今、ここにいる。【花谷寿人】(毎月第2、第4土曜日に掲載します)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集