松岡外相が教皇に対米仲介要請 太平洋戦争8カ月前、公文書記録

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
サンピエトロ大聖堂=バチカンで
サンピエトロ大聖堂=バチカンで

 日本が太平洋戦争に踏み切った1941年の直前期に、当時の松岡洋右外相がローマ教皇ピウス12世と会い、対米開戦回避に向けた仲介を要請していたことが12日までに、教皇庁(バチカン)公文書から分かった。面会時の内容の詳細はこれまで知られておらず、専門家は「戦争回避を試みた松岡の必死の努力が分かる興味深い史料だ」と指摘している。

 日本は37年に日中戦争を開始し、中国を支援する米国との対立が深刻化。軍部を中心に強硬論が台頭する中、対米開戦を避けるため、バチカンを通した働きかけが、ぎりぎりまで模索されていた実態が浮かんだ。

この記事は有料記事です。

残り453文字(全文712文字)

あわせて読みたい

ニュース特集