特集

米中間選挙2022

米大統領選の中間の年に連邦議会の上下両院、州知事などの選挙が一斉に実施される中間選挙が11月8日に投開票されます。

特集一覧

米共和の「本命」、下院議長へ票固め 選挙なお未決着、反感招く

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米共和党下院のマッカーシー院内総務=ワシントンで2022年11月9日、ロイター
米共和党下院のマッカーシー院内総務=ワシントンで2022年11月9日、ロイター

 米中間選挙は投票日から3日たっても、連邦上下両院の多数派争いが決着していない。野党・共和党は下院選での「勝利」を宣言したが、事前の予想よりも議席が伸び悩んでおり、次期下院議長の座を巡る駆け引きにも影響している。

 「多数派をとって何をするかが問われる。本当の仕事はこれからだ」。連邦下院選で9選を果たした共和党下院トップのマッカーシー院内総務は9日、中間選挙の下院選で当選した議員らに書簡を送り、下院議長を目指す意向を表明した。共和党の議席は過半数ライン(218)には達していないが、「下院奪還の目的を果たせると自信を持っている」と強調。次期議長の本命候補として「勝利」を前提に動き始めた。

 ただ、予想よりも議席が伸び悩み、勝利した場合でも共和党の議席は過半数ラインを数議席超える程度にとどまる公算が大きい。下院議長に選出されるには、今月中旬に共和党内で議長候補に選ばれた上で、2023年1月の新会期に行われる議長選で過半数の支持を得なければならない。民主党との議席差が僅差の場合、共和党内で数人が反対すれば、議長への道は険しくなる。

 マッカーシー氏が「票固め」を急ぐ背景には、15年の苦い経験がある。…

この記事は有料記事です。

残り954文字(全文1455文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集