ASEAN首脳会議 ミャンマー問題で合意5項目の実施計画策定へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ミャンマー国旗=ゲッティ
ミャンマー国旗=ゲッティ

 東南アジア諸国連合(ASEAN)は11日にプノンペンで開いた首脳会議で、混迷の続くミャンマー問題について、昨年4月の臨時首脳会議で合意した暴力停止などの5項目を実施する計画を策定することなどを決めた。

 首脳会議後に公表された文書によると、外相会議で計画を策定する。5項目履行に向けて国連などの支援を求めることも決めた。

 昨年2月のミャンマー国軍によるクーデターを受け、ASEANは首脳会議と外相会議でミャンマー国軍関係者の出席を認めず、ミャンマー側が欠席する状況が続いている。ASEAN外交筋によると、首脳会議を前にすべての関連会議でこうした措置を取ることも検討されたが合意に至らなかった。10月末の特別外相会議では5項目のミャンマー側の履行に向けた行動に期限を設ける必要性を確認したが、文書には明記されなかった。AS…

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文563文字)

あわせて読みたい

ニュース特集