持続可能な「越前がに」 漁獲減から一転、豊漁へ 福井の秘策

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
福井沖でとれた越前がに(福井県水産試験場提供)
福井沖でとれた越前がに(福井県水産試験場提供)

 冬の味覚の王様「越前がに」(ズワイガニ)の今シーズンの漁が福井県で6日に解禁された。県水産試験場の漁獲量予測は昨年度比で雄は5~15%、雌は10~20%増となり、2年連続の漁獲増を見込んでいる。さらに来年、再来年度も漁獲量は「約5%ずつ増加していく予想」と言う。この20年ほど続いていた漁獲減から“一転”しての豊漁に地元は沸くが、福井の海で一体なにが起こっているのか?

 今月6日の初競りで、重さ2・2キロの「一番ガニ」に過去最高の310万円の値が付いたズワイガニ。福井を代表する海の幸だが、その漁獲量は2000年代初頭から減少傾向が続いていた。

この記事は有料記事です。

残り1097文字(全文1370文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集