同志社大アメフト部、12月に活動再開へ 部員が準強制性交罪で起訴

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
同志社大=川平愛撮影
同志社大=川平愛撮影

 同志社大(京都市上京区)は、部員4人が準強制性交の罪で起訴されたアメリカンフットボール部の活動停止期間を、部が自主的に活動を停止した9月9日から3カ月間とすると発表した。「クラブとしての組織的関与がないことが確認される一方、部内ルールの徹底に問題があった」とし、12月9日から活動再開する見通し。植…

この記事は有料記事です。

残り114文字(全文264文字)

あわせて読みたい

ニュース特集